チャレンジスクール三重のブログ日記です

menu

NPO法人 チャレンジスクール三重blog(ブログ)

2013 代々木 宿泊スクーリングに行ってきました!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さて、2013年の 志摩宿泊スクーリングに行ってきました!

スクーリングって何?って方はこちらを参考にしてください^^

< スクーリングとは> 単位制・通信制高校のスクーリングとは、「通学して授業を受ける」ことです。 うちは、通信制のサポート校なので、普段毎日子どもたちは授業を受けているのですが、 それとは別に、年に2回ほど、本校である志摩の代々木高校に行って、 そこで単位に必要な、授業を受けます このスクーリングで行われる授業を受けることで、高卒資格に必要な単位の取得になります。 単位認定のために、スクーリングは、レポート提出・テストとともに重要な三本柱のひとつとなっています。 つまり高卒資格をとるには、このスクーリングは避けて通れない大事な授業なのです^^ で、このスクーリング、年2回ほどあるのですが、そのうち1回は、 もう恒例の行事みたいになっていますが、一拍二日の泊まりなんです!! ここが1つの壁になる子もいるんですね。 宿泊スクーリングは、宿泊ということで、これが大きなハードルになる子も多いんですね。

行ってしまえば、なんてことないんですが、最初はやっぱり不安ですよね。

今日は、宿泊スクーリングってどんなんだだろうって不安な人に参考になればと思います^^

 1日目は、座学中心の授業でした。

朝から夕方まで授業でした^^; 普段とは違う場所、違う先生の授業は新鮮ですね^^

 

 夕飯は、課程の授業も兼ねて豚汁を作りました♪

 2013_11_07_17_26_59

 夕食後の休憩。なぜか卓球バトルが・・・・^^;
盛り上がってました^^

2013_11_07_18_42_00

 

さて、夜の授業も終えて、宿泊する部屋へ。

夜、部屋の様子はこんな感じ^^

各部屋に、トイレ、お風呂がついていますので、各自入ります^^

「大浴場とかあって、お風呂とか、みんなと入らなきゃいけないのかな?」
って心配に思う子もいるかもしれませんが、大丈夫です!

この辺も結構不安にする子も多いので、どんな感じか載せておきますね♪

 

<部屋の様子>

4人~5人部屋です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

<お風呂>

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

<トイレ>

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

<和室>

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 

夜はテンションが高い ^^;

早よ寝るんやでー ^^;

 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

翌日は、午前中に2限だけ授業を受け、そこからは校外学習に出かけました。

部屋の中だけでなく、こういう授業もいいですね^^

志摩市磯部町上之郷にある伊雑宮(いざわのみや、いぞうぐう)に行きました。

ここは、伊勢神宮内宮の別官の一社で、度会郡大紀町の瀧原宮とともに、
「天照大神の遙宮(とおのみや)」と呼ばれているそうです。

また、同じく近くにある「オウム岩」は、音がこだまする岸壁で、
相手の言葉をそのまま繰り返す「オウム返し」の言葉から、
この岩の名前がつけられたそうです。

<伊雑宮>↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

みんなで、お参り^^

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ここから、オウム岩まで歩きます!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

楽しい~^^

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最後の難関、もうちょっとで着くよー。がんばれ!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

<オウム岩↓>

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

<着いた時には、皆ヘトヘトでした^^; お疲れ様^^>

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

みんなで記念撮影♪←逆光でちょっと怖い写真になっちゃいましたが、みんな笑顔です

 笑

OLYMPUS DIGITAL CAMERA   

今年は、1年生の子も多く宿泊スクーリングということで、
不安でいた子も多いけど、みんなよく頑張ったと思います^^

このスクーリングで、友達の意外な一面を見た子も多かったと思います^^

色々あったと思うけど、

普段、喋らなかったことの関わりや、普段できない経験で、
この2日で大きく成長したんじゃないかと思います。

ほんと、よく頑張ったね!お疲れ様^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。