チャレンジスクール三重のブログ日記です

menu

NPO法人 チャレンジスクール三重blog(ブログ)

22世紀型の学びの場(教育の転換期の時代にチャレンジスクール三重のできること)

2015-01-05_01h44_52

ずいぶんブログの方をサボっていましたが、あっという間に1年経ってしまいました^^;

文化祭が終わり、スクーリングが終わり、試験が終わり、
1つずつそれぞれ記事にしいことたくさんあるのですが、
今日は今1番書きたいことを書こうと思います^^

今日は、教育についてちょっと思うことを。

以前にも、こんな記事を書きました。

何のために勉強をするのか、学校って何だ?(私の伝えたいこと)

 

インターネットの普及で
今や、YouTubeで、大学の講義も聞ける時代になっているのですね(゜o゜;

教育の在り方も大きく変わっているのだろうと思います。

で、これから教育がどうなっていくかということですが、すごく勝手に予想しますね^^

2015-01-05_01h57_05

これだけ情報がありふれた社会になれば、
よりいっそう情報格差が開く時代になりますから、

どういうことが起こってくるかというと、
2極化ということが起こってきます。

選択肢が広がるということは、より格差が広がる社会にもなるということです。

勉強したい子は、より一層するでしょうし、
したくなかったら選択しない。

これは「受験勉強」という狭い枠ではなく、
もっと大きな意味での「勉強」です。

で、教育の流れも明らかに変化の波を感じます。

センター試験もなくなりますし、これってある意味当然の流れだと思います。

これまでの、受験勉強中心の勉強では、社会に入った時、色々と問題が出来たからです。
会社に入ってもコミュニケーション能力が育っていなくて、人間関係が原因でやめてしまう人、
そういう部分を企業側も確実に肌で感じているということ。

だから、それに合わせて大学の教育も変わってきているところです。

 

一昔前は、大教室で、教授の授業を聴くスタイル。

→こんな感じですね。

2015-01-05_01h31_58

出ても、出ていなくても出欠は取られなかったですし、
「あ、今日はサボろう」と、自主休講していた人も多いはず 笑
懐かしいですね^^

もちろん今もこのスタイルはありますが、

今はどういう点が変化しているのかというと、
少人数のゼミを1年生のうちから取り入れたり、
ディベートの授業を重点的に行うなど、大学自体が

「コミュニケーション力、人間力をつける教育」にシフトしているような気がします。

←こんな感じ

2015-01-05_01h39_07

 

そして、これからの時代、価値の置かれるのは間違いなく「人間力」でしょう。

平均的な人間を作るのではなく、凸凹でもいいからそれぞれの長所が活かされる社会。

今まで、短所をフォローという考えが一般的でしたが、
これからの時代は、
おそらくそれぞれが長所を発揮させていくアシストの時代になっていくと思います。

もっと言うならコラボレーションの時代ですね。

2015-01-05_01h41_49

前回の記事でも書いたようにこれってまさに、ドラクエですね^^
(ドラクエ好きですね私 笑)

2015-01-05_01h44_52

戦士もいれば、魔法使いもいる。
僧侶や武道家もいれば、遊び人もいる。

みんな完璧でなくて、長所もあれば短所もある。

でもそれぞれが、長所を出しあって、周りをアシストしている。 

それで、モンスター(人生に起こる問題)を解決していくのです。

そういう動きをすれば、学校だけでなく、
企業であろうと、地域であろうときっとうまく循環していくと思います^^

学校は先生だけが教える場ではありません。

得意なことを生徒同士が教えてもいいし、

 

最近では、クリスマス会を生徒が自主的に企画し、
ゲームやバンド演奏、素敵な会を開いてくれました^^
(教師はほとんどノータッチで生徒にまかせました)

matsuba 012

(廊下もいつのまにかクリスマスムードに^^)

こういう力ってほんと素敵だなって思います^^

そういう時代になっているからこそ、

ちゃんと、生きるために必要なことを学べる場所を作りたいということです。

仕事の選択、自分の才能、お金の知識、コミュニケーション脳力、

そういうことを学べる場所って必要なじゃないかなって感じています。

今はチャレンジスクール三重では、
「課題研究」という授業で、動画作成をやっています^^

 2014-10-28_21h45_212014-10-28_21h46_50

自分の興味のあるテーマを1つ決めて、
とにかくどんな形でもいいから、
動画を1つ作る。

2015-01-05_03h00_24

2015-01-05_02h05_51

イラストの得意な子はイラストを体に動画を作ればいいですし、
ダンスが得意なら、ダンスをしている所を動画にし、作品にすればいい。
動物が好きなら、動物を撮って何かできないかを考える。

 

英語や韓国語など外国語に興味のある子は、
それを使って何か作品が作れないか?

バンドが好きなら、演奏している所を撮って、
プロモーションビデオを作るとか^^

この授業のいいところは、
それぞれ1人1人の興味から入ることができることです。

1人でやりたい子は1人でやってもいいし、
グループでやりたかったらそれもいい。

それぞれの個性を活かして1つの作品を作ることに意義があると思っています。

2015-01-05_02h06_47

好きなこと、自分の興味のあることなら、
言われなくても楽しんで学ぶことができる。
本来の勉強の原点だと思います。

この受業は1つの例ですが、

単に、高卒資格が取れる場所では、進学にしろ、就職にしろ、
もう今の時代社会に出た時、きつくなっちゃう。

ただ単に資格だけあっても、力がついてなきゃ意味がない。
そう思うのです。

友達の力であったり、いろんな体験であったり、
大事なことっていっぱいあるなと。

 これまでの勉強も大事にしつつ、
新たに求められる力を学べる場の必要性を感じます。

あとは、先生方とお話をしていて、
皆さんそれぞれの志を持ってここにいるのだなと、
お話をしていてすごく感じます^^

僕はいつも勉強させてもらってばかりです(;_;)

 

2014-07-30_19h30_25

 

 たぶん、これから多くの人の、志の支えの中で、
チャレンジスクールという場所って、
多くの人に応援されていく場所になるのだろうなと思います。

どんな場所になるのか楽しみですね^^

 

今日も読んでいただいてありがとうございました。

松葉 謙

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。